ともくろのブログ

いろんなところに出かける事が好きなので自然と デジカメやケータイで写真を撮る事が好きになりました。 いい写真が撮れたら載せようと思います。

旅行のためにビデオカメラを

S90やCanon Kiss X3でよく写真を撮っていたのですが、段々と動画も欲しいなと感じてきました。

S90は元々動画に力を入れていないので未だに640×480の動画しか撮れない。

Canon Kiss X3も1280×780の動画は撮れるものの、AFじゃないしバッテリーが持たない。

でも、今は今しか残せないし思えば昔っからよく動画を撮ってたっけ。

すごい昔VAIO-C1というノートパソコンを持っていて、画素数は30万画素だったかな。。すごい

汚い映像だけど撮ったのが未だに今所有のパソコンに残ってる。

きっと今撮った映像は未来の自分がきっと観て楽しむと思う。

そう思ったらどんどん興味がわいてきて、価格ドットコムのビデオカメラやネットを

ひたすら調べだしました。

候補に挙がったのは、SONYHDR-CX520V。

手ぶれ補正が強力で、歩きながらの撮影が可能。

また、GPSが付いてるので撮影した位置情報も動画に付けてくれるらしい。

それに今SONYのPMBというパソコンソフトで写真を管理しているので、CX520も同じPMB上で管理できるみたい。

つまり、カレンダー表示形式で写真と動画がいつの何時に撮ったものかわかるようになる。

問題は値段。どうやらCX550という新製品が出るので在庫処分の時期らしくだいぶ安くなってるが、

それでも7万円以上(ビデオカメラでこれほど高性能なら安いとは思うが)

さっそく実際に電気店に行ってみることに。

なんとなくヤマダ電機さんが安くて有名なので秋葉原ヤマダ電機店に行ってみることに。

物を見てかなり悩んだ。今後旅行や彼女との日々を残すなら綺麗に撮れるものが欲しい。

しかし値段は86,800のポイントで実質71,000程度。

すごい悩んでいるところに、親切に店員さんが相談にのってくれた。

私も利用するがきっと今後彼女も利用することになることを考えると

軽くて持ち運びやすいものがいいですよと。

そう言うと新製品のビクターのHD620という製品を勧められました。

うーん確かに軽いし小さい。これならさっと出してさっと撮れてさっとしまえる。

CX520Vと比べるとわかりやすい。手ぶれ補正や画質はどちらもたいして変わらないとのこと。

すっごいまた悩んだ。いったんヤマダ電機を離れてSofmapにも行ってみたけど、

ヤマダ電機さんと同じように店員さん曰く、画質は同じ位だし手ぶれ補正や暗所も撮れるようになり

ビクターはいい製品をだしてきましたと。

価格ドットコムに全然情報載ってないし、誰もレビューしてないので情報なかった不安はあったものの

ヤマダ電機さんに戻り、HD620をついに購入。

そして、帰ってきて充電し購入した日はそのまま就寝。

次の日さっそく満充電した状態で試し撮りをしてみることに。

マンションから出て階段を降りながら試し撮りしたり、砂利道を散歩しながら撮ったり、

井の頭公園で撮ってみたり。

パソコンに接続しさっそく動画を見てみた。

うーん、、画質はほかのビデオカメラを持っていないので比較ができないけどそれなりという感じ。

しかし、手ぶれ補正が思ったより効いていない?立ち止った状態ならそれなりにちゃんと映る。

しかし歩きながらの撮影はちょっと映像を見てると酔いそうになるかな?

私の撮影のしかたが悪いのかもしれないけど。ちょっと残念。

ビックカメラのビクターの社員らしき人に聞いてみたところ、

手ぶれ補正や画質はやはりSONYのCX520の方が上と言われた。

あくまでもHD620はエントリーモデルで、操作性や手軽さと安さがウリであるものとのこと。

確かに手軽さや簡単なものを選びたい人にはすごいいい製品だと思う。

しかし、多少値段は張ってもいいから今を綺麗に撮りたいと思っていた自分には

用途が合わなかった。

歩きながら撮りたいという用途も決定的な違いの一つ。

今日、ヤマダ電機さんで長時間相談にのってくださった方に事情を説明し、

CX520Vに交換していただきました。本当すいません、ありがとうございますという感じです。

ちゃんと見極めることが大事ですね、反省しなくては。

さっそく家に戻ってマンションの階段と砂利道で撮ってみたらやっぱり手ぶれ補正の威力は強力だった。

映像を見ても酔いません。解像度もよくCX520に満足しています。

ちなみに言わせていただくと、もちろんHD620もいい製品と感じてます。

本当軽くてコートのポケットに入るのでさっと出してさっと撮れてさっとしまえる。これはCX520Vじゃ

出来ない。

撮影時間はCX520Vは7時間、HD620は11時間とれるし、

光学ズームが30倍という利点もある。(CX520Vは12倍かな)

立ち止った状態なら手ぶれ補正はいい感じで効いているので、お子さんのお遊戯や運動会とか

撮るのにはいいですね。